秩父桃源 青柳健二 


気になっていた青柳健二さんの写真展 「秩父桃源」を見に行ってきた。

自転車で10:00過ぎに家を出て環八、笹目通り、大宮バイパスと渋滞の道をすり抜けて順調に進んだが、北戸田で大宮バイパスから離れたあたりでちょっと道に迷って着いたのは11:40。

途中笹目大橋で荒川を渡る。
f0194599_1632838.jpg

近々この川を、この酔っ払いが遥々秩父から下ってくる。
f0194599_1634920.jpg




会場は浦和駅近くの「楽風」(らふ、と読むらしい)。古民家の一階がカフェになっていて、写真展は二階の畳の部屋で開かれていた。


祭りを楽しむ若衆、子供、年配の人々(そういえば、女性はほとんど写ってなくて男性ばかりだったな・・・)の表情,たたずまいがとても良い。最近よく通う秩父だがこうやって写真でみるとまた違った印象を受ける。私にとって秩父の風景は何か一枚フィルターがかかったようなぼんやりとした印象(決して酔っ払っているせいではないと思う)があるが、ここに展示された写真はどれも色鮮やかで、彩度が高く眩しささえ感じた。ちょっと意外、新鮮だった。写真の魔法・・・。

写真展は12月1日までやっているようです。


写真を見たあとは一階のカフェでコーヒーとたっぷり餡子を使った練りきりを。

f0194599_1644536.jpg



帰りも往路とほぼ同じ経路で帰った。和光市内の笹目通り、路面ガタガタボコボコ、車線、路肩、歩道、すべてが狭く、トラック、ダンプがびゅんびゅんでとても走りにくい。今度行くときは抜け道調べよう。


走行時間:2:33
走行距離:52.44km
平均速度:20.5km/h
最高速度:46.3km/h

積算走行距離:2701.5km


秩父といえば、12月2、3日は秩父神社の例大祭。
祭りに詳しいわけではないが、こんな寒い時期の祭って珍しいんじゃないだろうか。一度行ってみたい。もう十年くらいまえ、確か雲取山荘のテント場だったと思うが、夜テントから出ると秩父方面に花火が上がって、街の明かりもいつになく明るかったのでこんな冬の寒い時期にいったい何をやっているんだろうと不思議に思ったことがあった。

秩父っていいね。
[PR]
by mobydick67 | 2009-11-28 16:07 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(0)
<< 2XU Compression... 雪の秩父往還と甲武信ヶ岳 その3 >>