雪の秩父往還と甲武信ヶ岳 その2

11月22日

樺避難小屋 ― 雁坂小屋 ― 雁坂峠 ― 雁坂嶺 ― 破風山 ― 笹平避難小屋 ― 甲武信小屋

前夜4:30起床ということでみんなと約束したが、息子が4時すぎに目を覚ましてもそもそしているので、一緒に起きてテルモスを持って外に出てトイレを済ませ(ここの小屋には小屋の中、外にもトイレがありません。ちなみにまったく同じつくりの柳避難小屋にもトイレはありません)、真っ暗な空を見上げると昨夜同様満天の星空。しばらく小屋前のベンチに寝転がって観天。気温は小屋の外で0℃。思ったより寒くない。昨夜も寝ていいて少し暑かったので、寝袋から肩と腕を出して寝た。

小屋に戻るとみんな起きだしていて、まず湯を沸かしてコーヒーや茶を飲みながら、手分けして昨夜の鍋の残り汁に野菜と肉、うどんをたして朝食を作った。息子は念のためダイアモックスを半錠服用(結局この日の夜は服用せずに済ませたらしい。持っているだけで安心できるということか・・・まあ、かわりにもっとよく効く大人の薬を少し飲んだ、いや飲まされた?ようだが・・・)。食後はパッキング、身支度を整え、部屋を軽く箒ではいて出発。

6:10 出発。起きたときは晴れてたのにもうすっかり雲っている。

少し歩くと道は斜面をトラバースする道になり、いくつも尾根を廻りながら進んでいく。雪も少し積もっている。

f0194599_2218940.jpg



8:30 雁坂小屋着。小雪がちらつきはじめているので小屋のなかで少し休憩。私は戻したアルファ米おこわで早い昼食。

f0194599_22183339.jpg


9:20 雁坂峠着。見晴らしゼロなのでそのまま先に進む。

f0194599_22195325.jpg


10:00 雁坂嶺。積雪は10~15cmくらい。まだ凍ったりしていないのでアイゼンを着けずにそのまま歩く。東破風山にはここからいちどぐっと高度を下げてまた登りなおすことになる。

f0194599_22191224.jpg


11:00 東破風山 ここから破風山まであいだは岩が多い。

f0194599_22202333.jpg


11:30 破風山。ここから北に尾根伝いに降りる道もいちど歩いてみたい。

f0194599_2221799.jpg


12:00 笹平(破風)避難小屋着。改築工事中で屋根と外壁は新しくなったようだが、中の床が取り払ってあり、部材や工具が中には置いてあり泊まるのは難しそう。年内に完成するのだろうか・・・年を越えると雪が深いので完成は春になってしまうかな・・・

f0194599_22223325.jpg


Tさんはアイゼンをつけたことがないというので、アイゼン歩行の練習ということでここからアイゼンを着けることに。私と息子は土踏まずに着ける小さな所謂4本爪、TさんとKさんは6本爪、ijiruさんはアイゼンをつけずに進む。

賽の河原も雪とガスで見晴らし0。

f0194599_22233479.jpg


f0194599_2224682.jpg


木賊山はトラバースして巻き道をいき、

14:00 甲武信小屋着。まだ時間が早く一番のりのようだ。お茶をごちそうになり手続きを済ませ私と息子はテント設営。今回はVALHALLA 2+を持参。他の3人は自炊小屋泊まり。

f0194599_22242946.jpg


この日の晩は、小屋で主人の徳さんの還暦祝いと小屋番25年の宴が催された。
私たち二人もテント泊にもかかわらず、小屋のなかで宴に参加させていただいた。

小屋の常連さんにまじって、息子は準備も少し手伝わせていただき、

f0194599_22245649.jpg


f0194599_2226436.jpg



この人は美女に囲まれてご満悦だったり・・・

f0194599_222735.jpg


うらやましい・・・

たくさんのご馳走や美酒、ケーキが振舞われた。

徳さん、おめでとうございます!

f0194599_22274252.jpg





すっかり遅くまで飲み最後はまた例の連れ込みバーで・・。

23:30就寝。
[PR]
by mobydick67 | 2009-11-26 22:31 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(4)
Commented by バーテン at 2009-11-29 21:13 x
先日は遅い時間まで当連れ込みバーご利用いただき誠にあり…、


って!


「連れ込み」はやめようよ!
いかがわしすぎる!


「秘密の館 毒サソリ」

にして。




ちなみに柳避難小屋、トイレあるよ。

下流に20mくらい行ったとこに。
Commented by mobydick67 at 2009-11-30 09:48
バーテンさん、今年も半年間お勤めお疲れさまでした。
今年もいろいろお世話になり、本当にありがとうございました。

今日は連れ込みバー、じゃなくて「秘密の館 毒サソリ」もたたんでいよいよ下山ですね。
内緒のお願いですが・・小屋を出る前に冬用のお酒を秘密の場所にデポしておいてください。

いつも、情報訂正していただきありがとうございます。
そうですか、トイレありましたっけ・・・。あれ、それともまた偽の柳避難小屋に泊まったのかな、おれたちふくろう親子は・・・真の柳小屋は何処に???

木曜(3日)に秩父方面に自転車で行ってみようかと思ってるので、またメールします。川上さんによろしくお伝えください。
Commented by roadman71 at 2009-11-30 21:33 x
トイレって二つドアがある木の小屋でしょうか。丸い穴が中にあるだけの・・・
他にあるような話しを聞いたのですが、先日行った時には見つけられませんでした。

破風山から真の沢林道方面に行くのも楽しいでしょうね。
Commented by mobydick67 at 2009-11-30 22:06
尾篭な話になってしまいますが、そのトイレって屋根のとても低い物置みたいなやつですよね・・・てっきり物置だと思ってました。トイレだとしたら小人サイズ・・・。今度行ったときは必ずドアあけて中覗いてみます。なんか怖いな・・・

でもすぐ上の電力監視小屋?には水洗トイレとかありそう。

破風山からの柳小屋のほうに続く尾根ですが、ウオッチズみると途中2053m地点にビバークによさげな広い平らな場所があり気になります。
<< 雪の秩父往還と甲武信ヶ岳 その3 雪の秩父往還と甲武信ヶ岳 その1 >>