梅雨の奥秩父 いつもの山へ



7月は仕事がバタバタしていて、2日続けて休めるのは4,5日の土日のみ。週間天気予報では土曜は雨模様で4日は息子のサッカーの夏季区部大会公式戦が夕方あるのでそれを観戦に行き、日曜雨が降ってなければ丹沢でも日帰りで行ってくるかと漠然と予定していた。

ところが3日金曜19時に仕事が終わり、念の為天気予報を確認すると翌4日の関東の天気予報が雨から曇りに変わっている!とりあえず自転車で帰りながらいろいろ頭を巡らせ、一時間後家に着くころにはシナリオは出来上がっていた。ここのところ山とはご無沙汰だし、ひとりで一泊二日山泊まりに行くことに。

目的地候補として、バスが走り始めた鳳凰三山、奥多摩三条の湯泊まりで雲取経由三峰下山などいろいろ吟味した結果、結局ワンパターンで甲武信に登ることに決定。下山ルートにこれまで通ったことのないちょっとしたロングルートを予定してバスの時間などを検討。なんとか行けそうだ。メシ関係はキープしてあるアルファー米混ぜ御飯系とありもののパスタでなんとかなるし、酒も備蓄してあるワインで。あとはつまみを行きがけにコンビニで買えばOKだろう。ソロで一泊だと準備も気楽。パッキングを済ませ、25:00就寝。



梅雨の奥秩父 1日目

2009年7月4日

5:00起床。5:30出発。100均ローソンでつまみ、朝飯用パン、昼飯用おにぎりなどを購入して駅へ。京王線、中央線を乗り継いで8時過ぎ塩山駅着。バズは9:10なので少し早く着きすぎてしまった。バス停で油売っていると他にも西沢渓谷行きを待つ年配の登山者が二人。声をかけてタクシー相乗りすることに。夕方、ところにより雷雨との予報がありちょっと時間を稼ぎたかった。


9:10 西沢渓谷入り口着。

f0194599_2256414.jpg


ヌク沢経由の近丸新道から。今年西沢渓谷からは三度目の甲武信だがこれまでは二度とも雪の時期で徳ちゃん新道経由だったので、この道は久しぶりということになる。緑を楽しむならこの時期は沢を高巻くこちらの道がお奨め。


f0194599_2362536.jpg



11:10 徳ちゃん新道との分岐着。コンビにのおにぎり×2で昼食。

ここまでは蒸し暑かったが、このあたりから少し気温も下がってきて楽になる。



f0194599_2312033.jpg




f0194599_2373052.jpg




一人なのでAMラジオを聴きながら黙々と進む。4日はアメリカの独立記念日で「私の独立記念日」というテーマの投書が次々と紹介されていく。俺は一体何から独立すればいいんですかね・・・。

12:45 縦走走路との分岐着

13:10 甲武信小屋着

ここまで近丸新道入り口から誰も会うことなく来てしまった。小屋は閑散としていて、早く着いた小屋泊まりの夫婦一組がテラスで休んでいた。ビールを勝手にとってお金を置いておきそれを飲みながらテント設営。1番乗りなので一番高い場所にある木賊山巻き道入り口側に設営。今回は一人なのでアライのエアライズ2。



f0194599_238277.jpg




荷物を整理してテラスにあがると小屋番のヅメさんが出てきた。話しをしているあいだに少しづつ登山者が到着し始め賑やかになってくる。今日は小屋は25人宿泊予定とのこと。やることないのでテラスでチーズとチーカマをつまみにワインをちびちび。腹減ったので15:30くらいからスパゲティ作って早い夕食。そのあとちょっと小屋の仕事をひやかして邪魔したりして、小屋の食事が終った頃からまた飲み始める。小屋の中でヅメさんのギターを聞かせてもらったりして盛り上がる。



f0194599_2384759.jpg




美味しいつまみ、楽しいお酒、楽しい夜。

結構遅くまで飲み続け、最後は小便臭い場末の立ち飲みバーで、青いカウンターを挟んでマスターとさしで焼酎をロックで飲んだ記憶があるのだが・・・いやそんなものが山の上にあるわけはないので、きっと高度と飲み過ぎが原因の幻覚にちがいない・・・


23:30頃、就寝 (たぶん・・・)。
[PR]
by mobydick67 | 2009-07-06 23:13 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(0)
<< 梅雨の奥秩父 古い峠道 十文字峠越え 山に向かってます >>