ゴールデンウイーク 奥秩父縦走 その2


2009年5月5日

3:40 起床

気温はテントの中で4℃くらい。
完全に二日酔いだが、昨夜一緒に飲んだijiruさんと今日は一緒に歩いてみようということになったので、手早く朝食を済ませ撤収して5:00に小屋の前にあがる。小屋の主人の徳さんに昨日買って頭に巻いていたのに酔って忘れてきた手ぬぐいを渡される。恥ずかしい。


5:10 出発

今日は息子、ijiruさんと3人で歩く。下りははijiruさんが先頭、それ以外は息子が先頭。二日酔いで足取りの重い私が最後に遅れがちについてゆく。くだりでのijiruさんはとても早く、ドーピングの効果か息子の足取りも軽い。

巻き道経由で破風避難小屋のほうへと下る。
曇っていていつもは展望の良い賽の河原も見晴らしが悪い。

f0194599_18395889.jpg


破風避難小屋の前で一休み。アイゼンを外す。テント2張り撤収中。昨日は何人か小屋にも泊まったようだ。


二日酔いの体に破風山への急登はこたえる。


7:20 破風山

f0194599_18404614.jpg



7:40 東破風山

8:30 雁坂嶺

9:00 雁坂峠

いつもは水汲みも兼ねて、雁坂小屋まで降りるのだが今日は多めに水を担いでいるのでそのまま南へ。

アイゼンは外したが、まだ北面の斜面にはところどころ雪が残っている。

f0194599_18414372.jpg



9:30 水晶山


f0194599_1843643.jpg



古札山は北面の巻き道で巻く。


f0194599_18435053.jpg



11:00 雁峠着

f0194599_18444431.jpg



ここで昼食。インスタントラーメンに大沢の代用ミート。ijiruさんに新鮮な生の葱を分けていただく。すでに縦走3日目、生ものに飢えた二人にはたいへんなご馳走。ありがたい。食べている途中から雨がぽつぽつと降り始める。

このあと笠取山は下の水干に巻いて、そのまま尾根筋の縦走路を行く。小雨が降る中先を急ぐ。尾根の南側をトラーバスする縦走路は何箇所か崩落箇所もあるが、しっかり修復されているので心配なところはない。


14:00 将監峠

少し雨足が強くなってくる。


14:20 将監小屋着

雨がかなり強くなってきたので、急いで手続きを済ませてテントを張る。天場には他に3張りほど。和名倉山ピストンの人が多いようだ。ijiruさんはツエルト持参だが迷った末に天候がよくないので小屋素泊まりに。息子とテントを張る間にもどんどん冷たい雨は強くなり風も結構吹き始める。

f0194599_18453718.jpg



テントを張り終わった頃和名倉山ピストンの登山者が数人戻ってくる。テントの人が多いようだ。小屋前の屋根のあるところで手早く夕食を済ませる。あまりに寒いのでナルゲンボトルとグランテトラに沸かした湯を入れて2人分の湯たんぽを作る。ijiruさんとそこで飯、酒を共にする予定だったが気温が下がって寒い上に、結構風が強くて雨が吹き込んでくるのでとても長居はできない。小屋のご主人に断って、小屋の薪ストーブのあるところで休ませてもらおうと、何度か声をかけたが返事がないのでとりあえず入らせてもらい1時間ほど休ませてもらっているところに主人が来て叱られてしまう。無礼を謝り小屋を辞して冷たい雨の中テントに戻る。
 
昨年春に夏に購入し何度か使ってきたテントGOLITE Valhalla 2+ ですが、本格的な雨の中で使うのは初めて。夕食前に少し縫い目から水が漏れているのに気がついたが、やはり漏れている。量はたいしたことはないが、ちょうど寝ている顔をあたりに時々したたり落ちる。幸い二人ともシュラフカバーを持参しているので、シュラフをひどく濡らすことはないし床が濡れてもマットがあるので大きな問題にはならない。寒いのでシュラフにくるまって早めに就寝。





2009年5月6日

4:30 起床

昨夜ijiruさんと明日は朝雨の様子を見て予定を決めようと相談。朝になっても雨は止んでいないが、もう強くは降っていない。

前室で湯を沸かし、アルファー米の梅茶漬け、うなぎ茶漬けにSOYJOY,コーヒーを朝食に。雨のなか撤収。

f0194599_18481868.jpg



テントの素材はシルナイロンが半分くらいだが、あまり雨を吸わないせいか雨でもそんなに重くなった印象はない。小屋前でijiruさんと相談、とりあえず予定通り飛竜方面に向かう。といってもここ将監小屋から三ノ瀬方面に下ってもバスはない(昔は一ノ瀬までバスあったよな・・・)。連休最終日、今日中に下山しなければならない。三条の湯経由でもよいがそれではワンパターンなので前飛竜経由で丹波に降りることに。


6:30 出発

8:00 飛竜下 禿岩

雨でガスっているため展望まったくなし。


ここから前飛竜を経て丹波に降りる道は私と息子は初めて。ijiruさんを先頭に降りる。前飛竜を過ぎると少し道は緩やかになり、広葉樹の森が広がる。新緑が萌え始めていてとても美しい。たべられる植物(山菜とかきのこ)にめっぽう詳しいijiruさんにコシアブラの木の見つけ方を教えてもらい、上下左右に目をやり探しながらゆっくり歩くが植物に疎い私や息子にはさっぱり見つけることができない。ijiruさんは次々と見つけていくのに・・・


10:00 サオウラ峠

ここから丹波天平に向かうことにする。


10:30 丹波天平

f0194599_18472034.jpg


ここはijiruさんも私も初めて。予想していたより広くびっくりする。丹波への分岐もはっきりとした道標がある。丹波への道は大半が明るい広葉樹林の林のなかの斜面を九十九折に降りてゆく。
丹波小学校の横にでたところで登山道は終わり。

11:00 丹波へ下山

のめこいの湯までは歩いてすぐだ。温泉の上の売店でワインを一本ずつ買ってから温泉へ。温泉の中の休憩所で軽い食事と酒。今回はいつも忘れるポイントカードも持参。あとハンコ一つで入浴券と交換だ。

このあとijiruさんに奥多摩駅前の美味しい餃子屋をおしえていただき電車の前に一杯。さらに同じ私鉄沿線なので地元近くの居酒屋でもまた一杯。またもや酔ってしまった。
[PR]
by mobydick67 | 2009-05-08 18:52 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(2)
Commented by mt_hanter at 2009-05-11 19:10
GWは当初、水牆〜雲取山をやろうと思っていましが、時間等の都合で雁坂峠〜雲取山になりました。
やはり雪は例年より少ないみたいですね。ロストトレイルしやすい点など大変参考になります。
軽アイゼンではまずそうですかね??
Commented by mobydick67 at 2009-05-12 08:44
mt_hanterさんこんにちわ。

山行記拝見しました。
お互い入れ替わるように秩父に入山していたんですね。

今度はどこかon the trailでお会いしたいなあ。

GWの秩父縦走のポイントなどを後日まとめたいと思ってます。
<< 甲州街道は初夏なのに・・・ ゴールデンウイーク 奥秩父縦走 >>